セゾンカードは持っておくべき1枚としておすすめ?そのワケとは

女性の支持率が高いクレカ
その代表格としてあげられるのが、『セゾンカード』と呼ばれるクレカだ。

20~30代の女性、特に主婦層からの安定した支持を集めている、高評価のクレジットカードとしての地位を持っているが、実は男性にもおすすめのカードだというのはあまり知られていないように見える。

長く使える上に、男性のステータスアップにもつながると言われると、ちょっと興味が湧いた方もいるだろう。

今回は、そんなセゾンカードの魅力を紹介していこうと思う。

セゾンカードの基本情報・特徴を簡単にまとめると

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Express
年会費 VISA/Mastercard/JCB:永年無料
American Express:1,000円~
還元率 0.5%~
旅行保険 カードの種類によって付帯されているかが違う

【セゾンカードの特徴早見表】

・『永久不滅ポイント』は文字通りポイントの有効期限がない
・国際ブランドの種類によって特典やキャンペーンが違う
・即日発行カードも用意されている
・必要な保険だけを利用できる保険が用意されている
・西友・リヴィンでのショッピングで割引
・提携カードが豊富で使いやすい
・専用サイト経由でのネットショッピングでポイントがさらに貯まる

こうしてみてもらうとわかるが、『セゾンカード』と一括りにしても、提携カードの種類や国際ブランドによってかなり特徴が変わっている。

だからこそ『自分に合ったカード』を見つけやすく、長く使っていきやすいカードとしてもオススメの1枚と言えるだろう。

セゾンカードのポイントは熱い!けど弱点でもある

そんなセゾンカードの特徴の中でも、特に注目してほしいのが『永久不滅ポイント』と呼ばれるセゾンカード独自のポイントだ。

名前からもわかるように、ポイントに有効期限がなく、セゾンカードを長く使うことでかなりお得にクレジット利用をしていくことが出来る。

しかし、このポイント制度にも弱点がある。
『還元率の悪さ』だ。
実はセゾンカードの還元率は、ほかのクレジットカードと比べると低い。

そのため、ポイントの付与・利用のサイクルをガンガン回して利用していきたいと思っている人には、扱いづらいものとなってしまう。

ただ、ポイントをあまり意識せずに、のんびりとクレカを使ってコツコツ貯めていきたい人には、かなりオススメといえる。

セゾンカードの審査基準

セゾンカードの申込資格は、以下の3つの項目に全て当てはまる人となる。

・18歳以上(高校生を除く)
・電話連絡が可能な人
・金融機関にカード引き落としなどの決済口座を持っている人

そのため、学生や主婦でも気軽に発行できるのは高いポイントの一つになるだろう。

ただ、クレジットカードの保有数が3枚以上の方の場合は、審査が通りにくくなる場合もあるので注意が必要だ。

セゾンカードは普段使いとサブカードのどっちに強みがあるか

そこで気になるのが、セゾンカードはメインとして使うか、それともサブとして使うかの、どちらに強みがあるか…というところだと思う。

個人的な解釈を入れるとすれば、はっきり言ってセゾンカードは『サブカード』としての方が強みを発揮してくれると思っている。

というのも、セゾンカードのメイン使いとしての魅力が、他会社のクレカよりも少ないからだ。

ネットショッピングを頻繁に行う人にとっては、専用サイトを経由しないとポイントが貯まりにくいことが足かせとなるだろうし、日常のショッピングでも西友・リヴィンといったお店を利用しない方にとっては、ポイントが貯まりにくい。

早い話、セゾンカードのポイントは『貯まりにくい』上に『使い勝手があまりよくない』から、メインのクレカとしては魅力があまりないというわけだ。

賢いセゾンカードの使い方

だからこそ注目してほしいのが、『サブカード』としての利用方法だ。

セゾンカードを水道光熱費やプロバイダ(ネット環境)などの“固定費”の支払に当てることで、永久不滅ポイントがどんどん貯まる。

毎月一定量のポイントが有効期限なしで貯まるので、長い目で見るとかなりのポイントを蓄積して、一気に魅力的なアイテムと交換してお得度を高めることが出来る。

また、セゾンカードには国際ブランドで認知度・ステータスの高さが人気のAmerican Expressを年会費が格安で発行してもらえるのもポイントだ。

男性の『男としてのステータスの高さ』を引き上げつつ、永久不滅ポイントも貯めることが出来るので、持っておいて損はない1枚としてもおすすめだ。

まとめ

主婦層や女性の支持率が高い『セゾンカード』

だが、カードの種類によっては男性の魅力を底上げする、アイテムの1つとしてもオススメだ。

上で紹介したように『サブカード』として利用するのもよし、メイン使いで自分の箔をアピールするのもよし。

種類と国際ブランドの豊富さを強みに、様々なサービスを受けてみてはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です